気ままに読書

読みたい本を気ままに読んでいくスタイル

君の膵臓がたべたい/住野よる 切なく、そして爽やかなストーリー

『君の膵臓がたべたい』は住野よるのデビュー作で初めて出版された作品。

2016年年間ベストセラー単行本フィクション部門 第1位

本屋大賞2016 第2位 数々の受賞歴を持ち

2017年 実写映画化 

2018年 アニメ映画化 もされております。

破竹の勢いとはまさにこのことですね。

流行に乗り遅れないように読みました。

もう遅いか笑

 

ちなみにアニメ映画の入場者特典として

本編のその後を描いた書き下ろし小説がプレゼントされたらしいです。←欲しい

 

あらすじ

ある日、主人公である高校生の僕は、病院で一冊の文庫本を拾う。

タイトルは「共病文庫」。

それはクラスメイトである山内桜良が綴った秘密の日記帳だった。

そこには彼女の余命は膵臓の病気によりもう長くないと書かれており、

僕は彼女の余命が短いことを知る唯一のクラスメイトとなった。

真実を知る僕は性格が反対の二人だったが

彼女が死ぬまでにやりたいことに

付き合うことになる・・・

f:id:saka007:20181211195536j:plain



感想。ネタバレあり

以前、恋愛小説を読んで意外と面白かったので

恋愛小説の中でも話題の君の膵臓がたべたいを

 今回、読んでみました。

さすが、話題作なだけあり本当に面白く、

読み始めたら止まらないです。

読み始めていきなり彼女の葬式云々のくだりで

何となくどうして亡くなったかは想像しましたが

読み進めると最後には僕の想像とは違った結末で驚きでした。

主人公である僕に対する呼びかけも人や物語の進行によって

変わったりと小説の技法はあまり詳しくないですが

テクニックを感じさせる小説でした。

 

主人公である僕は読書だけが趣味の孤独な少年と

病気の彼女は明るく社交的で元気溌剌という

まさに対極にいる存在の二人。

作中の彼女は最後まで明るく全然余命を感じさせなかったです。

彼との会話でも余命が短いことをネタに冗談とも本気とも

とれるブラックなジョークをしてきたりしてました。

その度に彼は困っているんですが

彼のツッコミ&スルースキルが

思いのほか高いので彼女と彼のやり取りが

なかなか面白かったです。

 

彼女と彼が旅行へ行き泊まったホテルで

ゲームの真実か挑戦で彼が彼女へ

「君にとって、生きるっていうのは、どういうこと?」

と質問し彼女は真面目かよとツッコミますが

きちんと真剣に答えてくれます。

 

「きっと誰かと心を通わせること。

そのものを指して、生きるって呼ぶんだよ」

 

「誰かを認める、誰かを好きになる、誰かを嫌いになる、

誰かと一緒にいて楽しい、誰かと一緒にいたら鬱陶しい、

誰かと手を繋ぐ、誰かとハグをする、誰かとすれ違う。

それが、生きる。

自分たった一人じゃ、自分がいるって分からない。

誰かを好きなのに誰かを嫌いな私、

誰かと一緒にいて楽しいのに誰かと一緒にいて鬱陶しいと思う私、

そういう人と私の関係が、他の人じゃない、

私が生きてるってことだと思う。

私の心があるのは、皆がいるから、私の体があるのは、

皆が触ってくれるから。そうして形成された私は、

今、生きてる。まだ、ここに生きてる。

だから人が生きてることには意味があるんだよ。

自分で選んで、君も私も、今ここで生きてるみたいに」p222参照

 

人と人と関わりや触れ合うことが彼女の生きる定義だとすれば

彼女のその性格の明るさに納得します。

確かに人は一人では生きられないですし

人との出会いや触れ合いで自己が形成されていき

それが生きてるって考えるとなるほどと思いました。

生きてる意味や目的を考えると

生きるとは何かが見えてくるかも

しれないですね。

僕は生きるとは何かは人によって変わってくると思います。

正解なんてなくて自分で考えるってことが

大事なんじゃないかなと思います。

なんて分かったかのようなこと言ってますが

絶賛生きてる意味探し中です・・・。

楽しく生きていければ

それでいいのかもしれないかなとも思います。

 

ちなみに彼女の考え方でいくと

主人公の彼は人との関わりを最小限にした

まるで正反対の生き方を

しておりますが 

彼女が亡くなった際に見ることができた

彼女の遺書(下書き)には

私は、君に憧れてたの。とあります。

 

誰かと比べられて、自分を比べて、初めて自分を見つけられる。

それが、「私にとっての生きるってこと」。

だけど君は、君だけは、いつも自分自身だった。

君は人との関わりじゃなくて、自分自身を見つめて

魅力を作り出していた。

私も、自分だけの魅力を持ちたかった。 p292抜粋

 

本当に正反対な二人ですが

彼女はそんな彼に必要とされたことに対し

とても幸せを感じたみたいなことを書いています。

彼は彼女の生き方から多くを学んだようですが

彼女もまた彼の生き方から何かを感じとっていたんですね。

恋愛って人を成長させるんでしょうか。

人間力の低い僕にはわかりません。

 

彼女の遺書の最後には

憧れていた彼の

爪の垢を煎じて飲みたいと書いてやっぱりやめて

二人の関係だからこその言葉である

君の膵臓がたべたい と書いています。

 

この言葉は彼も考えており

彼女の退院予定日に約束したデートでの待ち合わせで

メールでやり取りをしていたんですが

そこで私を誉めなさいという流れになり

(ここだけ抜粋すると彼女の人格を

疑うかもしれないですが冗談の一部です笑)

彼も爪の垢を煎じて飲みたいと打ち込みやはりやめ、

君の膵臓がたべたい と送ります。

しかしそこから返信が途絶えてしまいます。

彼女は不幸にも余命で亡くならず

通り魔に殺されてしまう最後となってしまいました。

短い余命すら生きられなかった彼女の人生は

ホントに悲しいです。

彼の気持ちもだいぶ動いたかなってところだったのもあり

その続きが個人的には見たかったですね。

君の膵臓がたべたい この言葉は彼女の葬式後に

彼が確認するとどうやらきちんと彼女へ届いたみたいで

彼はそれが分かると泣き崩れるんですが

彼のつもりに積もった感情が溢れ出す描写があり

僕も泣きそうになりました。

それにしてもなかなかにくい演出でしたねー。

性格も生き方も正反対な二人が

同じことを思うまでにお互いを想うとは・・・。

 

最後に・・・

 タイトルで何かの病気なんだとか

死んじゃうんだとか想像し、

切なさマックスの小説かと思いましたが、

彼女のキャラクターが明るく、

ストーリー全体でみると爽やかな印象を感じました。

彼女のエネルギッシュさには元気を

前向きさには勇気を貰えました。

今どきの高校生ってすごいしっかりしてんだなと思います。

作者は高校生じゃないか。

彼女が亡くなってからも

彼が頑張って友達を作り

前向きに生きていて素晴らしいです。

まさかの結末でしたが

世の中いつどうなるかなんてわからず

それこそ明日は我が身だと思って

毎日を悔いなく生きていこうと思わせる

そんな小説じゃないかなと。

デビュー作とは思えない完成度だと

思うんですが住野よるの作品も

今後読んでいこうかなと思いました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村