No Book,No Life

本の感想をひたすら書いてくブログです

小説 DINER/平山夢明 殺し&グルメの異色な組み合わせ

ブログの記事が全然増えません・・・

小説は月1~2冊読めれば良いほうなんです。

 

ということで読んだことのある小説を思い出しながら

感想書いていこうかなと思います!

週一を目標に頑張ります。

 

今回はダイナーという小説について感想を書こうかなと思います。

あらすじを読んで殺し屋とグルメという組み合わせが

気になり読んでみました。

最近、漫画化されてたみたいですね。嬉しいです。

2019年には映画化もされるようです。

藤原達也さんがボンベロ役らしいですが

ボンベロはクールで冷酷なキャラなので

イメージとちょっと違う気が・・・

カイジの印象が強すぎるだけですかね?(笑)

兎にも角にも、これは観るしかない!

 

あらすじ

主人公はオオバカナコという一般人の女性。

ほんの出来心から携帯闇サイトのバイトに手を出す。

案の定、バイトでトラブルに巻き込まれ凄惨な拷問を受ける破目に

殺される寸前で自分には生かしておく価値があると必死に訴え、

料理が得意と言ったらぎりぎりで買い手がつき命拾いする。

そこは会員制のダイナー(定食屋)で

使い捨てのウェイトレスとして奴隷のように扱われる。

さらにプロの殺し屋たち御用達の

命がいくつあっても足りないような食堂だった・・・

 

f:id:saka007:20180915002912j:plain

 

感想

やっぱりあらすじから目を引く小説って面白いです。

文庫で500ページを超える長編なんですけど

読みやすくて500ページでも全然疲れません。

小説ニガテな方にもおすすめです!

グロい系が大丈夫であればですが(笑)

とにかく描写が斬新

この小説の良いところは描写が斬新で想像力を掻き立てられます。

特に拷問シーンや、殺し合いの場面、食事の時等、

まるで自身が経験しているかのような気分にさせられます。

言い過ぎかもしれませんが(笑)

グロテスクなシーンでの描写では無惨に殺された人間に対し

「人になりそこねた魚のような」等、

気持ち悪さが良い感じで伝わります(笑)

食事の特にハンバーガーの描写はすごくお腹が減ります。

もはや飯テロです。

音や香りの描写も緻密にされており、

マックでもいいから食いたい衝動に駆られます。

この小説に出てくるハンバーガー「究極の六倍」は

一度で良いので本当に食べたいです(真剣)

 

以下ネタバレ。

 

主人公のオオバカナコの名前の通り、

初めはただの馬鹿な人であったように感じます。

作者もそのような意味を持たせたとも思います。

そもそもの事の始まりはお金欲しさに

怪しいバイトに手を出したことによるものですが、

運転するだけで30万貰えて、軽リスク有とありましたが

軽リスクで済まないことは容易に想像できるはずです。

しかし殺されそうになる度に成長していく姿に

ラストはちょっと感動します。

命からがら連れていかれたキャンティーン(食堂)では

客も殺し屋なので、客に気に触って殺される恐れがあり、

気に入られて殺される可能性も十分にある、

地獄のようなところです。

歴代のウェイトレス8人は全員殺されて殉職。

もはや飾ってある歴代の写真は遺影にしか見えない。

そんな中で、しぶとく生き残るカナコは普通にすごいです。

拷問され死を間近に感じたことで潜在能力が

覚醒でもしたんでしょうか。

一瞬の判断が即死亡につながる世界でなんだかんだ生き残り、

だんだん殺し屋のいる異様な食堂という空間に

馴染んでいく姿は当初の間の抜けた感じが

無くなり貫禄すら感じます。

生き残れた要因としては

キャンティーンに連れてこられた時に

咄嗟に店一番の高級酒を隠せたことが大きいですかね。

ボンベロと少しずつ信頼関係ができてきたのも大きいですね。

最初は冷酷なキラーマシンかと思いましたが

意外と根は優しい紳士のようでした。

最後にオオバカナコをかばって殺し屋の怒りを買い逃げるシーンでは

「面白かったぜ!オオバカナコ」と言い別れていきますが、

二人の絆のようなものが見えて感動しました。

特にそれまでのボンベロからは考えられないセリフです。

ボンベロの生死は不明ですが、

オオバカナコが開いた定食屋、

天使の汗もといチンパンジーのおしっこ(笑)

でボンベロを待っていたので何だか生きてそうな感じでした。

オオバカナコの新しい定食屋での話も

面白そうです。続編に期待!

天使の囀り/貴志祐介 とにかくえぐい小説

 読後感は最悪だけど衝撃的で面白いとされているので

いつか読みたいと思っていた小説ですが・・・

悪影響受けそうで敬遠してました汗

ですが新世界よりを読んでからは

貴志祐介の作品なら絶対面白いに違いないと思い

読後感とか気にせずに読んでみました。

 

 

あらすじ

主人公はホスピスで終末期医療に携わる精神科医の女性。

作家の恋人がいたが病的な死恐怖症。

しかし、アマゾン調査隊に参加してからは人格が異様な変容を見せる。

元々内向的なタイプだったが性格ががらりと変わって明るくなり

食欲と性欲が旺盛になりあまりの変容に主人公も心配する。

さらにあれほど怖れていた「死」に魅せられたようになり

天使の囀りが聴こえると言い残し自殺してしまう。

さらに他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を

遂げていることがわかる。

一人は病的なまでに猫科の動物を恐れていたが

サファリパークで虎に身を捧げて自殺。

もう一人は乳幼児突然死症候群(SIDS)で長男を亡くし

鬱にまでなったが何とか立ち直り長女を授かったが、

何よりも失うのを恐れるはずの

娘と無理心中してしまう。

アマゾンでいったい何があったのか

主人公が調査していく・・・

 

f:id:saka007:20180909172119j:plain

 

 

感想。以下ネタバレ。

読み終わった感想はとにかく えぐかったです・・・

この小説はホラーに分類されてるようですが

ジャンルが分かりにくいですね。

初めは超自然的なホラーにも見えますが

読み進めていくとウイルスによるバイオホラーか

幻覚物資によるものかあるいは単なるサスペンスなのか・・・

その辺を推理しながら読むのも面白いかもしれません。

結局、寄生虫が人間の脳を乗っ取るという

一番、気味が悪いものでしたが。

しかし、ありそうで無い、リアリティーのある話を作るのが

うまいなぁと感心しました。

現実にも寄生虫が宿主の行動をコントロールする現象は

あるみたいです。

この寄生虫は恐怖を快感へ変えるという一見

役に立ちそうな感じですが、

恐怖心が強い人間ほど快感も強くなり

やがて行き過ぎた行動により自殺してしまうようです。

これだけ聞くと、じゃあ恐怖心を普段あまり感じない人とか

恐怖を向精神薬とかでコントロールできれば

恐れるものがなく最強じゃん!となりそうですが

寄生虫に寄生された生物の末路はおぞましいです。

どうやら寄生虫に寄生された生物は

第四段階の変容を見せるようです。

第一段階は気分爽快になり食欲と性欲が旺盛に

第二段階では爽快感は病的なまでに亢進する。

第三フェイズでは多幸症を越して一種の無感動状態となる。

第四フェイズでは体内で無造作に増え続けた寄生虫により

宿主の遺伝子を操作されてしまう。

(手足を衰退させ、胴体を袋状にした

寄生虫の食料兼住宅の為だけの存在になる)

物語では恐怖心(快感?)をコントロールできた蜷川教授という人物が

セミナーを開き人類の選別という名目で

無作為に寄生虫に感染させていく。

本人自ら救世主コンプレックスと公言する人物なので

何だかたちが悪いです。

元々、ネットのチャットオフ会から始まるセミナーで

何らかの辛い過去を持った精神的に疲れている人が多く集まるので

感染した多くの人はおそらく自殺したと思います。

ですが、運良く?生き残れた人達も

第四段階に突入して見るも無惨な状態になってしまいます。

蜷川教授も第四段階まであることを知らなかったようですね。

 

ちなみに天使の囀りは何故起こるのか?

この寄生虫はブラジル脳線虫と名付けられますが

アマゾンに分布する個体です。

普通は猿に寄生して猛獣や猛禽類に捕食されるように

操作されるのですが恐らく猛禽類の羽ばたく音に似せています。

猿にとっては猛禽類が羽ばたく音が聞こえたら

反射的に逃げだすくらいに恐怖を感じるはずです。

なので、初めは羽音がする程度で徐々に慣らしていくようですね。

人間は猛禽類の羽ばたきをそもそもそんなに聞かないので

天使の羽ばたく音(囀り)に聞こえるんですかね。

本書でもでてきますが天使の羽根って鷲の翼をモチーフにしてるようです。

もっと可愛らしいものかと思ってましたが

なかなか、いかつい翼をお持ちのようですね(笑)

ちょこちょこ神話の話がでてきたんですが

神話とか読んでみるのも面白いかもしれないです。

 

最後に

 読後感が最悪とありましたが僕は割とすんなり読めました。

グロ系は比較的大丈夫だからでしょうか。

確かに群を抜いて気持ち悪さを感じれる小説でしたが

それを上回る面白さがあったのでとても読みやすかったです。

でも主人公の早苗は報われないですね。

最愛の人を無くし、独自に調査を進めていく中で

新しい人といい感じなっていくが

同じ寄生虫によって亡くなってしまう。

最後に寄生虫を終末期患者に使用してましたが

警察へ出頭するためなのか優しさからか

あるいはどっちもかもしれないですが

早苗の優しさを感じました。

登場人物はほとんど寄生虫によって死んでしまうので

後味は悪いかもしれないですね。

最後に一人残った早苗も大変そうです。

こんな体験をしたらトラウマもの・・・

この小説を読んだらしばらくは麺とかなま物は

遠慮したいですね(笑)

ですが面白さは間違いないのでおすすめです!

小説 新世界より 名作と言われるだけあって面白い

SFの名作小説と言われる「新世界より」をお盆休みに読みました。

文庫版で上中下巻からなる1000ページ超えの長編でしたが

展開が面白く一気に読めました!

f:id:saka007:20180822225802j:plain

あらすじ 

1000年後の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖66町には純粋無垢な子供たちの歓声が響く。周囲に注連縄で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。「神の力(念動力)」を得るに至った人類が手にした平和。サイコキネシス(念動力)の技を磨く子供たちは野心と希望に燃えていた・・・隠された先史文明の一端を知るまでは。
 
 

超能力は実在するのか?

念動力、いわゆる超能力はひと昔前にユリゲラーオウム真理教等、

流行ったようですが時代が進むにつれてトリックであることが

ほとんどだと検証されてきました。

人間は思い込みしやすいので理屈で説明のつかない現象が起きると

オカルトに結び付ける傾向にあるのではないでしょうか。

科学で説明がつけば偽物、つかなければ本物かもしれない・・・

僕自身、超能力あったらいいなぁと思います。

頑張って修得できるものなら修得したいです(笑)

ちなみに超能力といっても色々あるようです。

サイコキネシス(念動力)

パイロキネシス(発火能力)

テレパシー

未来予知

テレポーテーション

透視

上げだしたらきりがないですが現在も科学では説明のつかない

超能力者が世界にはいるみたいです。

 

もしも超能力が日常化したら?

新世界よりでは呪力と言われる念動力が当たり前のように使われており、

呪力をうまく使えるように学校で学んでいく様子は、

ファンタジーのような感じもしました。

あらすじから千年後の日本とありますが自然に囲まれた集落、

注連縄で囲まれた町とまるで今と変わらないような風景

むしろ現代文明は姿を消し、文明が逆行している。

なぜ現代文明は無くなったのか?

隠された先史文明の謎と千年の間に何があったのか?

読み進めていくと段々と明らかになっていく真実に驚かされます。

超能力が日常化したら世界はどうなっていくのかをリアルに描かれており

呪力のある世界観に引き込まれました、

僕が今まで読んだSFの中では最高です。

 

感想 以下ネタバレ 

 

物語前半では、平和な村の少年少女の冒険活劇って感じでした。

悪鬼や業魔などの話がでてくるとそんな恐ろしい悪魔がでてくるのか

気になり早く読みたい気持ちになります。

他にも子供たちの中での噂話で不浄猫や風船犬の存在等、

まるで都市伝説の口裂け女のような好奇心をくすぐられる

オカルト話に興味を惹かれます。

とにかく前半では新世界の世界観が垣間見え、次の展開が気になります。

物語は夏季キャンプでミノシロモドキと出会ったことで急変します。

ミノシロモドキは移動式図書館で

正式名称はPanasonic 自走型アーカイブ・自律進化バージョンSE-778HΛ

何か急に現在文明がでてきてびっくりですね。

そういえば千年後の日本だったな・・・と思い出しました。

この移動式図書館によって大人から隠されてきた真実を知ります。

呪力を手に入れた人間が呪力を悪用し大量虐殺が何度も行われたことや

呪力を持った人間が呪力を持たない人間に対し奴隷のような扱いを

してきたこと等、とても凄惨な歴史に戦慄・・・

もしかしたら瞬が業魔になってしまったのも少なくともこの一件から

影響しているのではないかと思います。

そもそも悪鬼や業魔がでないように徹底した管理をしており

攻撃抑制と愧死機構が遺伝子に組み込ませ

教育や通過儀礼による暗示等でさらに強化されているので

早紀達は人間が人間に攻撃することは

考えられないようになっているはずです。

その状態でミノシロモドキの話を聞くと

早紀達にとっては今までの倫理観が覆されかねない事実なので

精神的ショックは計り知れないですね。

攻撃抑制

同族に対する攻撃衝動を抑えるものです。

愧死機構

攻撃抑制を無視して人間に攻撃しようとすると無意識に呪力が発動し

眩暈や動悸等の警告発作が起きます。

それでも無視して攻撃すると呪力により自殺することになるようです。

 

 ちなみに瞬が業魔になった原因としては ※個人的な見解です

1.ミノシロモドキによる先史文明の歴史を聞かされた

2.封印された呪力を意識がはっきりしている状態で行った

3.そもそも呪力が強すぎた&聡明な性格から色々な物が見えすぎる

この3点だと考えられますがこれといった原因が今一はっきりしません。

 

卵を呪力で孵化させる課題で呪力の無意識な漏出により

奇形になってしまったことから業魔化が大人達にばれているようですが

呪力の無意識な漏出は誰にでも起こりえることです。

(普通は注連縄で囲まれた外の世界に向けるように

無意識化に意識づけられており注連縄の外では

生態系が影響を受けて変化している)

ですが瞬は呪力が強く聡明な性格で

思春期に先史文明の歴史を聞いて無意識化にも

大きく影響を受けてしまったのではないかと思います。

早紀と瞬は実はずっと両想いだったようですが

お互いに気持ちを伝えれた時にはもう業魔化が進んでおり

どうしようもない現実になんだか切なくなりましたね。

そんなこんなで瞬がいなくなるとすぐにその存在を思い出せなくなるよう

暗示をかけられてしまいますが少しずつ記憶が蘇ってくると

その存在を確かめるべく早紀達は動き出します。

しかし、守が不浄猫に狙われていることに気付き

逃亡すると、真理亜も一緒に駆け落ち。

町の人には友達を思い死んだと伝えられますが

結果多くの人が死ぬことに・・・

何だか感想が早足になってきましたが汗

物語は早紀達が大人になり後半になります。

ある日、化けネズミが人間の作ったルールを破ります。

他コロニーに攻撃する時は申請しなくてはならないという

一見、なんてことはない気がしますが、

これが意図的な別の意味をもった行動でした。

野弧丸が呪力の力を手に入れたことで

世界征服を策略した第一歩だったようです。

真理亜と守の子供が生まれ

どういう経緯で化けネズミの元にいたのかはわかりませんが、

化けネズミに育てられ自身も化けネズミと思い込んでいる人間

つまり愧死機構攻撃抑制が人間に対して働かない

一見、悪鬼のような少年が誕生したわけです。

でもどうして子供を化けネズミにとられたんでしょうか?

真理亜と守が生きていたら絶対にそんなことはしないと思うので

もしかしたら、不慮の事故で死んだか

化けネズミに殺されたかですよね。

ちなみに僕は、小説の冒頭で

もし真理亜が生まれてこなかったとしたら、結果的にあれほど大勢の人が命を落とすこともなかったはずだから・・・」とあったので

守が死に、精神的に不安定になった真理亜が

悪鬼になるストーリーかと思ってました。

そんなチート呪力使い少年にかかれば

鏑木 肆星日野 光風の最強の呪力使いがいとも簡単に殺されてしまいます。

野弧丸の裏の裏まで読む策士っぷりもすごかったです。

日野は完全に油断した感じでしたがそもそも頭がいっちゃってるようで

業魔になってないのが不思議なくらいでした(笑)

ちなみに鏑木は本気を出したら地球を割れるらしいですが

(少年ジャンプ的な例えが面白い)

本当だとしたら呪力ってすごいですね。

ちなみに呪力の原理は、恒星のエネルギーを利用しているというものと、人間の脳を介して量子力学的な現象をコントロールしているという、二つの説が提唱されているようです。

僕は原理を聞いてもいまいちわからないです汗

その原理で行く質量保存の法則はどうなるんだろう??よくわからない。

まあこの辺はSFなので・・・誰か実際にいる超能力者にでも取材して下さい(笑)

悪鬼と勘違いされた少年を倒すべく早紀達はサイコバスターと言われる

細菌兵器を求め東京へ旅立ちます。

東京の地下洞窟の描写はとりあえず不快な感じでした。

何人か犠牲者を出しつつもサイコバスターを手に入れますが

何とサイコバスターを使った瞬間、呪力で燃やしてしまいます。

少年と特に覚に対して攻撃抑制が働いたようです。

仲間をもう失いたくない気持ちが強くでてしまったようですが

早紀は強靭なメンタルを持っていると言われているので

メンタルの強さはこの辺関係ないんだなぁと思いました。

最終的には早紀の中にいる?瞬からヒントをもらい

愧死機構を応用して奇狼丸を人間に見立てて少年に

殺されに行くと素早くフードを戻し化けネズミの姿を曝すと

少年は同族を殺したと認識し、そのまま死んでしまいます。

早紀の中に出てくる瞬はちょこちょこでてきますが

早紀が作り出したイメージなのか

瞬の呪力によって早紀の中に意識を持って行ったのか

どちらにせよ良いとこで助言してくれるので守護霊みたいですね。

現実では一緒になれませんでしたが精神世界では一緒に

なれたみたいで良かったです。

そんなこんなで野弧丸の策略は破れてしまい

裁判にかけられて半永久的に苦痛を与え続ける刑という

無間地獄の刑に処されますが

しばらくすると早紀により安楽死させられます。

裁判の時に野弧丸は私たちは人間だ!と言い放ちますが

どうやら本当に人間らしく呪力を持たない人と持つ人の差別化を

はかるため呪力を持たない人を呪力により遺伝子をかえられたようですね。

姿を醜く変え愧死機構を働かないようにしたみたいですが

やってることは倫理観のかけらもない恐ろしいことですよね。

醜い生き物に対してなら残酷にもなれるんでしょうか。

 

最後に

小説の最後に悪鬼と業魔を防ぐ手段として

攻撃抑制愧死機構がありますが

硬直的で不自然な解決方だったのではないか

と言われています。

実際にそれのおかげで悪鬼等がでるのは稀になったようですが

悪鬼がでてしまった時の対処方がほとんどなくなってしまいます。

僕が考えとしては呪力を持った人でも目に見えない攻撃は防げないようですし

攻撃抑制愧死機構が無くても、対悪鬼&業魔特殊部隊を呪力を持った人で

作ってやればいいんじゃないかと思います。

(呪力が無くともいいですがあったに越したことはないかな)

それだと事故が起こってから対処する形になってしまいますが・・・

実際に警察だって殺人が起きてから動きますしそこはしょうがないと。

新世界よりは呪力によるユートピアができたと思いきや

とんだディストピアでしたね。

ここまで緻密に練り上げた構想にはもうすごいとしか言いようがないです。

長々となりましたが後半はちょっと疲れてだいぶ簡単になりました(笑)

しっかり書こうとすると終わる気がしないのでこの辺で・・・

とにかくすごく面白かったです!

アニメ化されてるみたいなんでいつか見ようかな・・・

インザプール/奥田英朗 結局のところ気にしないのが一番?

小説「インザプール」読みました。

変わった精神疾患を診断していく話ですが

診断していく医師が変人(笑)

変わった精神疾患とやらが気になって読んでみました。

 

f:id:saka007:20180819200339j:plain

 

登場人物 

医者:注射フェチ、父親が日本医師会理事の金持ち

助手:無愛想

出版社勤務:プール依存症

サラリーマン:陰茎強直 ←勃ちっ放し

コンパニオン(女優を目指してる):自意識過剰の妄想癖

高校二年生:携帯依存症

ルポライター:重度の強迫神経症

 

 感想

登場人物を見ると全員とは言いませんがちょっと気持ちがわかるところがありました。

ちなみに僕は正常ですたぶん(笑)

わかるといっても少しですね。

軽度の依存症とかは良くあるかもしれませんが

この作品にでてくる患者は控えめに言っても狂ってると思います。

 

 

強迫神経症はちょっとわかりました。

家の鍵しめたか気になったりとか・・・

ですが外出したらもう気にならないですね。

戻って確認するのもほどありません(笑)

強迫神経症ルポライターは常軌を逸しており

タバコの火種から始まり、電気の配線やテレビ等気になりだしたら

止まらず自分が関与したら責任があると思ってしまうようで、

タイヤのパンク修理を道で頼まれても即時に断るという徹底ぶりです。

ルポライターという職業柄もあるんですかね。

最終的には神経質な性格から偶然にも悪事を暴く結果になり

ハッピーエンドで良かったのかな?

症状が治った感じはなかったけども・・・

 

あと気になったのは陰茎強直症、いわゆる勃ちっ放しですね!(笑)

そんな病気があるんだと驚愕しました。

血がずっとあそこに留まりづつけるわけなので

最悪壊死するんじゃないかと。

勃ちっ放しが終わると次はEDの恐れが・・・

なんだか散々な病気ですね同情します。

このサラリーマンは過去に寝取られてその際に

怒れずにいたことをずっと後悔し続けていたわけですが

夢にその相手が出てきてから症状がでてきたようです。

最終的にはその寝取られた相手には怒れずじまいでしたが

違う理由で心から怒ることができて症状が改善。

いつのまにか自身に心から怒らないと勃起が収まらないという

強力な暗示をかけていたらしいですね。

そんな暗示を自身にかけれるなんて相当すごいですよね。

無意識レベルなのでかけたというよりかかったかな。

 

最近、新世界よりという小説を読みまして

愧死機構という同族に攻撃したら死ぬという暗示を

通過儀礼でかけられるというのを読んだので

ちょっとそれと似ているなと・・・

それだけです(笑)今度感想書きます

人間て不思議ですね。

 

最後に

この作品にでてくる患者には共通するところがあるなぁと感じました。

神経質というか完璧主義な性格で、ようするに気にしすぎなだけかと。

ですが気になるものはしょうがないですよね。

だからこういった精神疾患が生まれるわけで

この辺は思考の癖だとか生まれた環境だとか色んな要因があると思いますが

考えると考えるほど分からなくなりますね(笑)

 

余談ですが映画化もされてるみたいです。

あと続編の「空中ブランコ」は直木賞受賞作品らしい!(読むのが楽しみ)