気ままに読書

読みたい本を気ままに読んでいくスタイル

『火花』又吉直樹 笑いを追求する人間の生き様がかっこいい

お笑い芸人って面白いですよね。

あの人達の面白さは生まれつきなんでしょうか?

僕は生まれつきの人もいれば

努力で身につけた人もいると思います。

人を笑わせるってことはすごいことだなと思うし

人間の恥ずかしい所や不合理に対して

多角的な視点で捉えてお笑いに変える。

なので、僕はお笑い芸人ってすごいなって

素直に尊敬しますし

お笑いを見ることで

元気がでたり、勇気を貰ったりもします。

つまりお笑い好きです!

 

ということでお笑い芸人が芥川賞を受賞したという

話題作「火花」を読みました!(笑)

 

あらすじ

売れない芸人の徳永は、

天才肌の先輩芸人・神谷と出会い、師と仰ぐ。

神谷の伝記を書くことを乞われ、

共に過ごす時間が増えるが、

やがて二人は別の道を歩むことになる。

笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説。

第153回芥川賞受賞作。

 

f:id:saka007:20191124220217j:plain

 

感想(以下ネタバレ)

現役お笑い芸人だからこそ書けるような

お笑いの世界の裏側を見せて貰った気がします。

僕たちが普段、テレビで見ているお笑い芸人は

ほんの一部の売れっ子だけというのが現実。

テレビの裏でのまだ世間にあまり知られていない

芸人がたくさんいてその中で登り詰めたものだけが

テレビでよく見る芸人のようになれる。

そんな芸能界の厳しさを感じました。

その中でお笑い芸人をやっている理由というか

その人の想いがお笑い芸人の数だけあって

僕はこの小説に出てくるお笑い芸人の生き様が

すごくかっこいいなと思いました。

お笑いをひたすら追求して

ただ面白いってだけではなくて

お笑いとは何か?というような

本質的なことも考えるところで

飲み屋で議論してるシーンが好きでした。

実際のお笑い芸人が飲む時って

こんな感じなんですかね?

だったらおもしろいですね(笑) 

以下は小説の中で特に印象的だった所を紹介します。

 

❝ 一つだけの基準を持って何かを測ろうとすると

目が眩んでまうねん。❝p40抜粋

これは神谷さんが

なんでも過度がいいねん。大人に怒られなあかんねんと言うシーンで

その発想が月並みな不良という評価をした徳永に

神谷さんが語った言葉である。

月並みという平凡さを否定すると

非凡アピールに成り下がり

反対に、新しいものを端から否定すると

技術アピールに成り下がる

そして、両方をバランスよく取り入れたものだけを

良しとするとバランス大会に成り下がる。

一つだけの基準をもって何かを測ろうとすると

目が眩んでしまう。

 

僕は、この考え方がすごくその通りだなと思った。

こうあるべきとか、これはこうしなくてはならない、とか

そういう考えは狭い視野になってしまって物事の本質から

ずれてしまう恐れがあるんじゃないかと思う。

確かに、基準を作ることで分かりやすくなるし

基準をもとに明確な判断ができるかもしれないけど

ことお笑いに関しては正解のない分野だし

お笑いに関しての基準というのは

面白さの基準ではなくて

基準という名前のひとつのツールなのではないでしょうか。

例えば、笑いの要素として予想を裏切るとかあるけど

基準をあらかじめ作っておいてそれを

裏切ることによる笑いみたいな・・・

お笑いというものは

正解がない分、

無限の可能性があり

とても奥が深いなと思います。

 

”笑われたらあかん、笑わさなあかん”p58抜粋

よくお笑い芸人が言ってる言葉ですが

今まではお客さんがあの人阿保やなって何も考えずに見ていたのが

今だと阿保なふりしてると分かってて笑かされてるって

自分で気づいてしまってることで

笑われるふりができなくなってしまったということで

少しやりづらくなってしまったのかなと思います。

本書ではだからこそ新しい基準が生まれるかもしれないとありますが

お笑いの世界も常に変化し続けるんでしょう。

お笑いという分野が無くなることはないとは思いますが

一発ギャグとかリズムネタとか

その時代での流行り廃りは確実にあるでしょう。

 

”面白いかどうか以外の尺度に捉われるな”p76抜粋

これも神谷さんの言葉であるが

面白いことを言うためであれば

暴力的なことも性的な表現も辞さない覚悟をもっている

神谷さんに対して、

徳永は自身の発言によって

誰かが傷付くこと、誤解を生むことを恐れている。

それを神谷さんは不真面目、不良だと言う。

徳永は面白い下ネタを避ける時

面白い人間であるよりもせこくない人間で

ありたいという意識が勝ってしまうらしい。

面白さを追求した芸人ならではの言葉だとは思うが

世間の視点で見れば

下ネタも暴力的な発言もイメージが悪く

パッシングされることは目に見えてるし

ネタとしてそういった発言をしても

世間の人がネタとわからずに

本気に受け取ってしまう人もいるわけだし

大勢の人を相手にしてる職業ならば

モラルを持った行動は必要なのかなと思う。

ただ、面白さを追求するそのスタンスは

良いなと思った。

この辺も、一つだけの基準をもって

判断しては目が眩んでしまうんですかね。

ちなみに最後の方で神谷さんが

性的な体をはったギャグをして

世間を無視することはできないんですよって

徳永に怒られてます(笑)

 

 

他にも面白い言葉や深いことを言ってるなぁと思ったところを

一部、紹介します。

 ”気づいているか、いないかだけで、人間はみんな漫才師である”

人間はペルソナという仮面をつけて生きているという話がある。

どういうことかというと友達に見せる顔と上司や先生に見せる顔

親、恋人に見せる顔はそれぞれ違いそれを人は無意識あるいは

意識的に使い分けているということである。

つまり人はその状況に合わせて自分の役割を演じているわけです。

この話と何となく似ているなって思いました。

自分の役割を演じているのって言い換えれば

状況によってはみんな漫才師を演じてしまう瞬間があるのかもしれません。

 

 ”「大丈文庫」という謎の言葉は、相手に反論をしても無駄であるという

徒労感を与えるのにはうってつけの言葉だった。”

この意味不明だけども何故か語呂が良い感じに聞こえる言葉

文庫でう〇こを連想した僕は小学生並みの発想力なんでしょうか。

くだらない言葉遊びを物凄く冷静に分析している感じ好きです(笑)

 

”自分が考えたことで誰も笑わない恐怖を、

自分で考えたことで誰かが笑う喜びを経験してほしいのだ。”

お笑い芸人かムードメーカー的な存在ではない限り

人を笑わせようと意識しながらしゃべることなんて

なかなかないと思いますが・・・。

でも笑わせようと意識して言ったことが滑る時の

恥ずかしさは半端ないと思います。

その場の空気感とかも大事だとは思いますが

アウェーの中から空気感を変えれる人はすごいですよね。

 

”一度しかない人生において、結果が全く出ないかもしれないことに挑戦するのは

怖いだろう。無駄なことを排除するということは、危険を回避するということだ。

臆病でも、勘違いでも、救いようのない馬鹿でもいい、リスクだらけの舞台に立ち、

常識を覆すことに全力で挑める者だけが漫才師になれるのだ。”

僕はこの言葉とても好きです。

何かを得ようとしたらそれなりのリスクはついて回ることを

覚悟しなくてはならないっていうのは分かるんですが

人はリスクを避けがちです。

見えないもの、経験のないものには、不安がつきまとうからです。

ではどうすれば不安を無くすことができるのか

それは経験していく中で徐々に無くなっていくんだと思います。

人生に必要なものは勇気と想像力とほんの少しのお金と

かのチャップリンも言っています笑

リスクの先にある希望を想像して勇気をだせば

挑戦していけるのではないでしょうか。

これは漫才師に限らないと僕は思います。

又吉先生はお笑い芸人だけど深いことをおっしゃいます。

むしろお笑い芸人だからこその生きた言葉なのかもしれないですね。

 

”僕たちは世間を完全に無視することはできないんです。

世間を無視することは、人に優しくないことなんです。

それはほとんど面白くないことと同義なんです”

これは先ほども言いましたが神谷さんが

デリケートなテーマを悪ふざけでお笑いにしようとして

まじで怒られるところです。

テレビで仕事をする有名人?は特に気を付けなくては

ならないでしょう。

ただこれはデリケートな問題だけではなく、

人の商売は人を相手にしていることがほとんどなので

相手の事をいかに考えられるかが

重要だと言うことが分かりますね。

 

 

 

最後に・・・

 お笑い芸人の書いた小説とは思えないくらい

表現が豊かな小説だなと思います。

もちろん、お笑い芸人さんは僕なんかより

語彙力豊富だろうし、表現力豊かだとは思うんですが、

表現の仕方が純文学っぽいなと感じました。

冒頭からして表現力がすごくて

情景が目に浮かぶようでした。

ただ表現力が豊かすぎて難しい言葉も多かったです(笑)

でもページ数も少ないのでサクッと読めるかなと思います。

 

個人的には、映画もおすすめですね!

スパークスの解散ライブは良かったです。

菅田将暉の演技がすごい(笑)

 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

 

 

 

天才はあきらめた/山里亮太 リアルな芸人の姿が見れる


本日、5月26日、北海道の気温がすごいことになってますね。

佐呂間町39°超みたいです!

観測史上最大とのことで・・・

ここ数年は毎年、観測史上最大規模の天候が多いですね。

南海トラフ地震も2019年に起きると言われていますし。

地震に関しては毎日のように予言者現れるので何とも言えませんが笑

 

ということで余談はさておき、

『天才はあきらめた』読みました!

僕はお笑いとか割と好きなんですが

山里のツッコミというか頭の回転はすごいですよね。

そんな人物のエッセイ?が気になり

タイトルも気になり

という感じです。

 

あらすじ

本書は5章に分けられており

山ちゃんの芸人になる前の第一章からはじまり、

NSC時代のコンビ解散、しずちゃんとの出会い。

それからM-1での成功と挫折。

地獄のような努力ゆえのカッコ悪い姿もさらけ出した

お笑い芸人のリアルな世界が見えるエッセイ本。

 f:id:saka007:20190526200256j:plain

山里亮太という人物

1977年千葉生まれ。

漫才コンビ南海キャンディーズ」のツッコミ担当。

通称、山ちゃん。関西大学文学部卒。

在学中に吉本興業のタレント養成所NSC22期生となる。

04年、ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞。

2014年M-1準優勝。

今や数々のレギュラー番組とMCを務める。

独特な言い回しのツッコミが特徴? な実力派MC。

  

感想

「天才はあきらめた」の前に

「天才になりたい」を2006年に出版しているらしく、

およそ12年を経て大幅に加筆修正したらしい。

僕は前作は読んでいません。

 

M-1準優勝から2年後に出しているので

おそらく挫折中に書いたものかと思いますが

それから12年でだいぶ売れっ子芸人になって

考え方とかも変わったんでしょうか。

あきらめたとありますが不貞腐れてとかそういうのではなく

あきらめたということでハードルを低くして

天才と言わせる作戦じゃないかなと思います笑

若林も似たようなことを言っていますが・・・。

 

僕の山ちゃんのイメージは

南海キャンディーズのツッコミの人で

気持ち悪いキャラでやっているけど

頭の回転が速くて面白い人でした。

 

本書を読んでからは

少しイメージが変わりました。

良いイメージ

努力の天才

切れ切れのツッコミってこうして生まれたんだなぁと

感慨深いものを感じた。

母親が素晴らしい

山ちゃんのことをどんなことがあっても肯定してくれる

親バカとも言えるけど良い母親だと思った。

芸人でも緊張する

お笑い芸人ってあまり緊張するイメージないですが

実は緊張とかしてるんだなぁとか親近感が湧きました。

でも確かにM-1は緊張感伝わります。

悪いイメージ

相方に対する態度

元相方に対する仕打ちが酷くて

ガンジーでも助走をつけてぶん殴るレベル。

実際、自転車を投げつけられるくらいに

切れられて解散する。

相方への嫌がらせ

しずちゃんに対しての嫌がらせも

なかなか酷いです。やり方も汚いです。

意外と天狗

読めば分かると思いますが

というか相方への態度とかで分かりますが

意外と天狗になりやすいんだなと思いました。

良く言えば自信があることなので

芸能界という戦場を生き抜くには必要なことかもしれません。

 

自分のエッセイ本なのに

自分の株が下がるようなことを平然と?書いてのけるのは

さすがだなと、芸人魂を感じます。

たぶん、人にもよると思いますが、

これを読むと山ちゃんのこと嫌いになる人もでるんじゃないかな笑

僕はプラマイゼロくらいです。

人間、誰しも失敗から学ぶ生き物なので、

今が良ければいいのかなと思います。

 

最後に・・・

努力は誰にでもできるようで

実はなかなか難しいと思います。

人は目先の欲求にはなかなか勝てません。

僕も良く努力しようと意気込むんですが

3日坊主どころか1回で終わることが度々あります・・・。

それを山ちゃんは人から言われた罵倒や

他人への嫉妬を原動力として変えることができるのは

ホントにすごいことだと思います。

自分なりのモチベーションの保ち方って

僕はまだいまいちわからなく、

そもそも飽きっぽい性格なので

すぐに気持ちが無くなってしまいます。

小説も最後まで読まずに終わることが(・・;)

あっ、虐殺器官、読まないと。

 

 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

 

ハーモニー/伊藤計劃 絶対的な平和はユートピアになるのか?

『ハーモニー』<harmony/>は2008年に単行本として刊行された

伊藤計劃の第二長編SF小説。

その一年半前に『虐殺器官』で小説家デビュー。

本作はその『虐殺器官』の続編のような展開を見せている。

SFが読みたい!2010年版』で第1位。

第40回星雲賞日本長編部門および第30回日本SF大賞受賞作品。

 

しかし、これらの賞を作者が直接受け取ることは無く、

闘病生活の末に亡くなられた。

2007年にデビューして僅か2年で若くして亡くなった

夭折の天才作家として知られる。

 

あらすじ

21世紀後半、〈大災禍〉と呼ばれる世界的な混乱を経て、

人類は大規模な福利厚生社会を築き上げた。

医療分子の発達で病気がほぼ無くなり、

誰もが互いのことを気遣い、親密に”しなければならない”ユートピア

その優しさと倫理が真綿で首を絞めるかのような世界に

3人の少女は餓死することを選択した・・・。

それから13年後、自殺に失敗した少女は

世界を襲う大混乱の陰に、唯一死んだはずの友人の影をみる。

これは人類の最終局面、ユートピアの臨界点に立たされた人間の物語。

 

f:id:saka007:20190501141659j:plain

ハーモニーの当事者が主観で書き記した小説?

この小説は架空の言語である

【Emotion-in-Text Markup Language:version=1.2】

略称etml1.2を使って書かれている小説。

ハーモニーを未読の方はなんのこと?と思うだろうが

このetml1.2という言語によって小説内に

感情や言葉の意味等を所々に補足してある。

僕は何の知識もないままにこの小説を読んだので

こういう手法で書くのかくらいにしか思っていなかった。

 

しかし、最後まで読むと

どうやらこの小説で起きた出来事を

その当事者がetml1.2を使用して記述したという設定らしい。

何故、etml1.2を使用する必要があるのかについては

ネタバレとなるので省略。

 

僕は特に英語が得意ではなかったので

その都度調べながら読み進めていたのですが

伊藤計劃の小説は〔英語・カタカナ〕が多い・・・。

スマホ片手に読むことを推奨します笑

 

 

感想。以下ネタバレあり。

 時系列的にみると『虐殺器官』の方を先に読むべきでしたが

個人的には『ハーモニー』のあらすじにすごく興味が湧き

あまり迷うこともなく『ハーモニー』から読みました。

どうやらこの2つの作品は繋がってはいるようですが

ストーリーには直接的に関係しているわけでもなく

どちらから読んでも大丈夫なようです。

 

物語は〈大災禍〉という第三次世界大戦的な

核戦争からの教訓で人類が健康第一という思考となった。

医療も大幅に進化して医療分子というナノレベルの

人工物Watch Meを血液に入れることで常に体内を監視することが

可能となり、病気や生活習慣病といったものが

ほとんど無くなった世界。

そしてこの世界における大人になるということは

Watch Meを体内に入れ

生府の合意員となり

生府のサーバーとオンラインになって繋がる

ということ。

 

生府とは

大災禍の後に生まれた医療合意共同体。医療サーバーを介して市民へ医薬品を提供したり生府参加員達のセッションを行う場として働いている。国籍や地理的な制限が無く1つの生府に世界中の人間が参加しており、逆に同じ国籍でも所属する生府が違うことが多い。一方で旧来の政府は縮小しており、治安維持など統治機構としての最低限の役割を担っている。❝ Wikipedia参照

 

一見、健康に生活できる平和な世界のように見られるが

過剰な程の健康思考により

酒やたばこといった嗜好品は禁止されているし

食事にしても全てが管理されていて

少しでも健康に悪いことをすれば

体内のWatch Meが異常と捉えるため

隠れて嗜好品を嗜むことはほとんど不可能な世界。

Watch Me を入れた人間は生府によって管理されているため

全てが健康的な標準体型。

 

過剰な善意により管理された世界の価値観

この世界の価値観は善意に満ちている。

我らの世代は、お互いが慈しみ、支え合い、ハーモニーを奏でるのが

オトナだと教えられて育ってきたから。 本書p21参照

他人に優しくするように、お互いが気遣いあって生活する社会。

もちろん、現代社会にも気遣いはあるし大事なことだと

教えられているだろうけどもこの社会ではそれの

価値観というか感覚が異なる。

人の命は公共的身体であり、

それに対する攻撃等は許されることはない。

なのでいじめなんて存在しない。

それくらいに人の命が徹底的に管理されており、

世界の空気は優しさという善意に溢れかえっている。

 

優しさに息詰まる世界に徒名す日を夢見る狂犬

〈declaration:anger〉

〈「わたしたちはどん底を知らない。

どん底を知らずに生きて行けるよう、

すべてがお膳立てされている」〉

〈/declaration〉

ミァハの口癖だった。p15参照

この物語にでてくるキーパーソンであるミァハの言葉。

ミァハは読書家で物知りであるが故に

世界を斜に構えてみているのかとも思ったが

実はミァハは壮絶な過去、闇を抱えており

それを知るとこの言葉の重みが分かる。

そしてミァハという少女はこの世界に息詰まり

2人の友人と共に自殺を図る。

 

しかし、友人二人は自殺未遂で終わり、死んだのはミァハのみ・・・。

 

それから物語は大人になったところまで進み

Watch Me を悪用され脳の意識を司る分野に

直接何かをすることで自殺を強制させてしまうという

末恐ろしいテロが起こる。

 

意識とは何か?

現代の脳科学がどこまで進歩しているのか良く分からないが

ここでは意識というか意思というものについて

会議のようなものと例えている。

 人間の意思というものはひとつではなく

多種多様な欲求が脳の中で主張し合って調整し決断、結論を出す。

そしてその欲求というものは

人間にとって双極的な価値判断を有している。

双極的な価値とは簡単にグラフにすると

f:id:saka007:20190501130346j:plain

こんな感じで価値というのが目先のもの程大きく見えることである。

せっかちな人は特にこの傾向があり

我慢強いとされている人はやや緩やかな曲線を描く。

ちなみに動物何かも本能で動いているように見えるが

双極的な価値判断を有しておりその中で意思を決定している。

このような双極的な価値は

非合理的な意思決定をしてしまうことに繋がる。

今、やったほうが良いと感じていることと

今、やりたいことが一致しないのが人間かなと思う。

 

そしてこの双極的な価値判断を利用して

欲求のベクトルを自殺することに向けることで

強制的な自殺を引き起こすというメカニズムとなっている。

 

この無差別な虐殺は大災禍が起こってから

人類が密かに作り出した最終予防線的なシステムを

発動させることが目的となっている。

 

そのシステムは『ハーモニー・プログラム』と呼ばれ

双極的な価値判断を完璧である指数的な価値判断に

強制的にさせてしまう。

それは会議でいうと全ての意見が一致するため

会議の必要が無くなる。

つまり意識が消滅してしまうことになる。

グラフにするとこんな感じ。

f:id:saka007:20190501133440j:plain

結局、『ハーモニー・プログラム』は発動されて

世界はユートピア?になったわけだけども

全ての人が意識がなく、

ただひたすらに合理的な行動をとり続ける世界。

想像すると、すごく不気味だと思いませんか。

そんな世界に生きる意味なんてあるのかすら疑問になります。

でも平和であることは間違いなく、

それがかえってすごく気味が悪いと思いました。

人生が何も変わったことが無く、

普通に過ぎていくだけだとしたらすごく退屈に感じそうです。

もちろんそんな感情はユートピアにはないと思いますが。

嫌なことはもちろん進んで経験したくはないです。

でも芸能人なんかはよく波乱万丈の人生送ってるのをTVで観ますが

すごく生き生きとしていてむしろ楽しそうですよね。

 

本作ではミァハ達少女が優しさに窒息していますが

現代社会にも似たようなことがあるよなぁと感じました。

架空の話ですがまるっきり他人事ではないなと思います。

昨今の医療技術もすごく進歩してますし

最近なんかは通信業界で5Gが実装されるみたいですね。

5Gが実装されれば革命が起きると言われているようです。

スーパーテクノロジーが現実になる社会が

もうすぐそこまで来ているって思うと楽しみです。

スーパーテクノロジーによる背反とかはあるんでしょうか。

4Gが普及して今や当たり前となったSNS時代ですが

5Gが普及したらまた新しい何かが生まれるんでしょうか。

 

すみません、話が脱線しました。

僕が言いたかったのは進んだ医療技術や

医療体制、健康食品により、健康に対する意識っていうのが

徐々に高まっていると思います。

ひと昔前ならサプリとかもそんなに無かったと思うんですが

今だとコンビニですらサプリ、健康食品が陳列され

飲料水にしてもトクホの商品がたくさんあり

皆、健康に気を使いだしている社会になっていますよね。

優しさの空気みたいなものだってSNSの普及、

YouTuberによる情報発信等により

芸能界で少しでも倫理観に欠けるような発言、

行動があろうものなら

総パッシングされる時代です。

パッシングを恐れ当たり障りのないことしか

言えなくなってしまえばそれはハーモニーにおける

世界観と類似してしまうのではないだろうかと思いました。

 

最後に・・・

ハーモニーの極端な世界観を見ることで

人としての生き方について考えさせられるなぁと

思いました。それにしても発想がすごい。

虐殺器官』は絶賛、読んでます。

SF読んでて思ったことがあるんですが

色々な知識を知れるという面白さもあるなと

糖尿病って氷河期時代に獲得した遺伝子の進化の過程なんだって笑

 

余談ですが。

令和始まりましたね。

平成最後の日、皆さんは何してました?

僕は読書です( ´∀` )

 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村