気ままに読書

読みたい本を気ままに読んでいくスタイル

ちょっと今から仕事やめてくる/北川恵海 人生に前向きになれる小説

『ちょっと今から仕事やめてくる』は

第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞〉受賞作

発行部数が60万部突破し

2017年5月27日に映画化もされている。

 

あらすじ

ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、

無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と

名乗る男に助けられた。

同級生を自称する彼に心を開き、

何かと助けてもらう隆だが、

本物の同級生は海外滞在中ということが分かる。

なぜ赤の他人にここまでするのかと気になった隆は

彼の名前で個人情報をネット検索するが

出てきたのは、3年前に激務で自殺した男のニュースだった。

スカッとできて最後は泣ける、

会社が辛いと感じるサラリーマンに是非読んでもらい物語。

 f:id:saka007:20190216213953j:plain

 

感想。ネタバレあり

最近というか近年流行りの長文タイトル。

その中でも特に目を引くような作品で

僕は映画を一昨年観てすごく感動したのを覚えています。

 一見するとネガティブな作品かと思ったんですが

とても前向きで力強い作品ですごく勇気が貰えます。

僕自身、現在はサラリーマンやらせてもらってるので

隆の気持ちがわかる気がして共感しやすかったです。

でも映画を見た時も思ったんですが

隆の会社はブラックすぎてびびります。

今どきだとボイスレコーダーとかで

訴えたら勝てるレベルですね笑

映画も良かったですが、

小説も一文一文が短くて、読みやすい作品でした。

 

自分の人生は何のためにあるのか?

隆が自身の情けなさに絶望し、

フェンスから飛び降り自殺しようとした時に

ヤマモトが隆に人生はなんのためにあると思うか問います。

隆は会社のためとか自分のためとか答えますが

ヤマモトは半分は自分のため、

半分は自分を大切に思ってくれているひとのためと言います。

絶望してどん底にいる時は

何もかもが見えなくなって

自分自身すら見えないような状態だと思うんですが

そんな時は、今までの人生で

自分を大切に思ってくれている人を

つまり家族とか思い出して

家族がどんな思いで自身を育ててくれたかとか考えると

自殺なんて到底できませんよね。

虐待されてたとかだと話は別ですが

でも一人でもそういった大切な人が

いればそれだけで生きる意味があるのではないでしょうか。

僕だって大切な人がいなくなるのは嫌ですからね。

 

世界は変えることができない

隆がヤマモトとの出会いにより心境に変化が起こり

強い決意をもって会社に退職届を出しに行く時に

『僕には世界を変えることはできません!』と

声高々に言い放つんですがかっこいいです。

映画でも見どころのシーンですね。

世界どころか、会社、部署、人の気持ちすらも変えれない

でもただ一つ

自分の人生は変えることができる

それがもしかすると大切な誰かの人生を変えることに

繋がるのかもしれないと言います。

自分の人生は後悔のないように生きたいなと

人生っていうのは限りなく自由なんだってことを

感じさせられました。

どことなく実存主義っぽいですね。

 

会社を爽やかに辞めて

ルンルン気分になった隆は

元の会社よりも自分に合った会社を

見つけることができ

それが心理カウンセラーで

兄弟をなくしたヤマモトの心を救うという

とても心温まるラストで最高の小説でした。

 

最後に・・・

世のサラリーマンに

特に、若い新入社員とか就活中の人とかに

読んでもらい作品でした。

人生における仕事の時間って

定年まで働くとしてだいたい40年なので

やっぱり会社選びって重要だなと思います。

世の中の右も左も分からない時に

会社選ぼうったて難しいですし

やっぱり若い内から色々経験して失敗して

その中から自分の中で答えって

見つかるんじゃないかなって思いました。

素晴らしい隆ママの言葉を贈ります。

―大丈夫よ。人生なんてね、生きてさえいれば、案外なんとでもなるもんよ。

本書p179

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

悲しみよこんにちは/フランソワーズ・サガン 繊細に描かれる少女の心情

悲しみよこんにちは』は

フランスの小説家フランソワーズ・サガンの小説。

彼女が18歳の時に出版した処女作。

何の宣伝も無しに出版したにもかかわらず

一年後には部数が百万部を超え、

25か国で翻訳され世界中で読まれた。

さらにハリウッドで映画化もされヒットし

その際にヒロインの髪型を真似て

「セシルカット」というのが流行った。

 

あらすじ

 主人公のセシルはもうすぐ18歳。

プレイボーイ肌の父レイモンと

その恋人エルザと南仏の海辺の別荘で

ヴァカンスを過ごすことになる。

そこで大学生のシリルとの恋も芽生えるが、

父のもうひとりのガールフレンドであるアンヌが合流。

父が彼女との再婚に走り始めたことを察知した

セシルは、葛藤の末にある計画を思いつき

実行に移すが・・・。

f:id:saka007:20190105222544j:plain

 

感想。ネタバレあり

タイトルの『悲しみよこんにちは』というのを見て

とても感傷的な小説なんだろうと思いました。

悲しみという抽象的な概念に対して

こんにちはという現実的な言葉を投げかけており

サガンの非凡さがタイトルににじみ出ていて

古本屋で見かけた際にはとても興味を惹かれて

すぐに買いました。

 

ちなみにタイトルはポール・エリュアール

詩からきているそうです。

 

小説の初めに紹介されています。

❝悲しみよ さようなら

悲しみよ こんにちは

おまえは天井のすじにも刻まれている

ぼくが愛する瞳のなかにも刻まれている

おまえはみじめさというわけではない

このうえなく貧しいくちびるにも お前は浮かぶのだから

ほほえみとなって

悲しみよ こんにちは

快い肉体を重ねる愛

その愛の力

いとしさは突然

体のない怪物のようにわきあがる

望みを失った顔

悲しみ 美しい相貌よ❞

 

ポール・エリュアール

『今ここにある生』より引用

 

とても魅力的な詩で美しさすら感じます。

悲しみという気持ちひとつでここまで表現できるなんて

よほど洗練された感性があるんでしょう。

 

 

登場人物がそれぞれ個性的で

父レイモンの恋人エルザとアンヌは

対照的な存在として描かれています。

エルザは若くて明るく可愛らしいが

いい意味でも少しばかみたいな感じで

アンヌは理知的で聡明な美しい女性。

父レイモンはプレイボーイ肌の

自由奔放な性格。

 

その父がアンヌとよりを戻そうとするのを

セシルが止めようと奮闘するんですが

若さ故の反骨精神が表れていて

自由を求める心は十代なら

きっと共感できるだろうと思います。

 

特に印象的なシーンを紹介だったのは

友人に誘われて行ったバーの翌日の会話でした。

父レイモンと友人が話していた様子を

男同士であの子とできたとか

そういった狩りのような感覚で話す

十代の男の子みたいな話題でも

ふたりとも胸を躍らせていて感じが良くみえる。

悲しい打ち明け話でさえそうだ。

あけすけで、情けない面もあるが、そこには熱いものがある。

アルコールのグラスを前に、互いに心を許しているふたりの男には❞本書146p引用

とあって。

一方、アンヌの友人たちは対照的で

❝アンヌの物静かさや、超然としたところ、ひかえめなところは、

わたしの息をつまらせる。❞本書146p引用

とアンヌに対して思うところがある感じで

 

ウェッブ夫妻とデュピュイ夫妻の会話を

楽しいかアンヌが聞きますが

たいていはうんざりだけどおもしろいと答えます。

❝「あの人たちの会話がどんなに単調か、それで・・・なんて言ったらいいのかしら・・・うっとうしいか、あなたには全然わからないのね。仕事の契約とか、女の子とか、パーティーとか、ああいう話、退屈に思ったことはない?」

「ねえ、わたし、修道院の女子校に十年もいたから、あの人たち行いの悪さがいまだに新鮮なのよ」

気に入ってるのよ、とはさすがに言い足せなかった。❞本書p148引用

とやはりアンヌの考えは理解できないようで

 

❝「ウェッブみたいな男の人たちが、最後はどうなるか知ってる?」

わたしは心のなかで、〈父もよね〉と思った。そして陽気に答えた。

「みじめに終わるんでしょ」

「ああいう人でも魅力がなくなって、いわゆる『元気』も失ってしまう年がくるのよ。お酒も飲めなくなって、それでもまだ女のことを考えてるの。あとは女たちにお金を払うしかなくなり、孤独から逃げるにも、ちょっとした妥協をたくさん受け入れなきゃならなくなる。だまされ、不幸になる。それで、気むずかしく感傷的になっていく・・・そんなふうに落ちぶれてしまった人を、私はたくさん見てきたの」❞本書p150引用

とアンヌがセシルに対して教えるように言っていました。

若いからといって後先考えずにいるのは

良くないと分かってはいてもどうも自分事として

捕えきれず何とかなるだろうと思ってしまう所はあるなと感じました。

今を楽しく生きてさえいれば

最低限いいんじゃないかなとも思います。

もしも夢があるなら別でしょうけども。

 

セシルはその際は確かに納得してはいましたが

やはり煮え切らないところがあるようで

❝父とわたしにとって、内面の平穏を保つには、外部の喧騒が必要なのだ。

そしてそれを、アンヌは認めることができない。❞本書p153引用

と考えの不一致が明確に伝わります。

 

よく人は大きく分けて内向的か外向的かで区別されますが

アンヌが内向的で父レイモンが外向的なのかなと思いました。

個人的にはセシルも内向的なんじゃないかなと思っていたんですが

この一文からは外向的なタイプのような感じでしたね。

 

 

セシルがアンヌと父レイモンの仲を裂くような

計画を考えて色々やっていく中で

セシルがアンヌに対して心を許しはじめたかなと

思ったところでセシルの計画が

思いのほか?うまくいってしまい、

アンヌは珍しく感情を露わにして

飛び出してしまいます。

そこでセシルと父レイモンは虚しさを感じて

手紙を書こうと手紙を出します。

しかしアンヌは飛び出した日の帰り道で

事故にあい亡くなってしまう。

 それが偶然によるものなのか

アンヌの自暴自棄によるものなのか

わかりませんが名状しがたい

悲しさとか虚しさを感じました。

作品ではそれに悲しみよこんにちはと言っています。

 

最後に・・・

 フランソワーズ・サガンの小説を読むのは初めてでしたが

文体のセンスのよさに驚愕しました。

少女セシルの感受性の強さから様々な思いを巡らせるのですが

その心理描写がとても良く伝わってきました。

情景とかも美しく描かれていて

言葉のひとつひとつが美しく感じるそんな小説でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

黒い家/貴志祐介 根源的な恐怖を煽る小説

『黒い家』は貴志祐介のホラー小説であり

第4回日本ホラー小説大賞受賞作。 

 

貴志祐介の作品の中でも特に怖いとされる

代表作のひとつでもある。

 

あらすじ

 主人公の若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で

保険金の支払い査定に忙殺されていた。

ある日、顧客の家に呼び出され、子供の首吊り死体の

第一発見者になってしまう。

ほどなく死亡保険金が請求されるが、

顧客の不審な態度から他殺を確信していた若槻は

独自調査に乗り出し、次々と異常性が分かってくるが・・・

 

f:id:saka007:20190105222621j:plain

感想。ネタバレあり

表紙からして気味悪さを感じ、

読書欲をそがれるような気持ちになる。

だが怖さと好奇心は紙一重

いつかは読みたいなと思っていた作品。

 

物語は保険金の犯罪が中心となってきている。

著者である貴志祐介

保険金会社へ勤めていた経験から

リアルな保険会社の内部事情が垣間見え

物語の細部がしっかりと描かれている。

 

特に見応えがあったシーンは

保険金絡みのいわゆるモンスター顧客が

何人かでてくる時の対応の仕方でした。

初めは丁寧に対応しているのだが

顧客のずる賢い手口や犯罪?に対しては

潰し屋」がいてヤクザまがいの

力技でトラブルを解決する場面もあり、

街で見かけたヤンキーとか

そういうレベルでは無く

普通の俗世で暮らしている人間は

関わっちゃいけない存在くらいに感じ、

とにかくおっかない・・・

作品では味方としてでてくるので

頼もしい限りなんですが

敵に回したくないタイプなのは間違いないです。

 

保険金トラブルに対応していく中で

明らかに常軌を逸している人間が

出てくるんですが、

いわゆるヤバイやつやんと

思って読み進めていると

真にヤバイやつはこいつじゃないのかと

わかった瞬間は気味悪さが峠を越えます。

僕の想像を上回るサイコが出てくるので

ただただ恐怖しかなかったですね。

人間なんだけど人間を人間と見ていないのは

明白で人を殺すことを何とも思っておらず

でも証拠隠滅とかはしっかりやっていて

その冷徹さとかがすごく恐ろしいです。

 

主人公の彼女が目を付けられて

彼女が誘拐されるシーンがあるんですが

相手は人質としてさらっているのか

ただの餌としか見ていないのか

わからないような化け物なので

何をしでかすかわからないという

絶望感はすごいと思います。

実際、主人公は切迫し

すぐに助けに向かうんですが

それでもギリギリで助かりすごく緊迫しました。

素直に助かって良かったなぁと思います。

やはり命あっての物種です。

その時の黒い家の描写は

さすが貴志祐介だと思いました。

犯人の残忍な性格がでているかのような

凄惨な光景に吐き気すら感じます。

こんなところにさらわれた

彼女の精神状態が心配ですね。

 

何とか彼女を救い出し

事件の顛末を警察が調べてくれて

万事解決かと思いきや

肝心の犯人が行方不明という結果に。

どういうことだってばよ・・・

となりましたが彼女の執拗さは

舐めてかかっちゃいけませんね。

獲物を奪われた熊さんの如く

しつこさは半端じゃなかったです。

最後の最後まで彼女に追い回される

主人公に同情を禁じ得なかったですが

最後の守衛さん?以外いない建物に

彼女が現れて包丁片手に追い回されるのは

原始的な怖さがあって

本当に戦慄しました。

正直、下手なホラー作品よりも怖いと思います。

 

最後に

ここまで根源的な恐怖を煽る作品は

あまりないんじゃないんでしょうか。

期待を裏切らない、

むしろ予想を裏切る

貴志祐介の作品はやはり面白いです。

それにしても貴志祐介の作品は

蜘蛛が多くでてくる・・・

今作ではサイコパスを蜘蛛に見立てていました。

蜘蛛がニガテな人は要注意です笑

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村