気ままに読書

読みたい本を気ままに読んでいくスタイル

『火花』又吉直樹 笑いを追求する人間の生き様がかっこいい

お笑い芸人って面白いですよね。

あの人達の面白さは生まれつきなんでしょうか?

僕は生まれつきの人もいれば

努力で身につけた人もいると思います。

人を笑わせるってことはすごいことだなと思うし

人間の恥ずかしい所や不合理に対して

多角的な視点で捉えてお笑いに変える。

なので、僕はお笑い芸人ってすごいなって

素直に尊敬しますし

お笑いを見ることで

元気がでたり、勇気を貰ったりもします。

つまりお笑い好きです!

 

ということでお笑い芸人が芥川賞を受賞したという

話題作「火花」を読みました!(笑)

 

あらすじ

売れない芸人の徳永は、

天才肌の先輩芸人・神谷と出会い、師と仰ぐ。

神谷の伝記を書くことを乞われ、

共に過ごす時間が増えるが、

やがて二人は別の道を歩むことになる。

笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説。

第153回芥川賞受賞作。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

火花 (文春文庫) [ 又吉 直樹 ]
価格:638円(税込、送料無料) (2020/6/6時点)

楽天で購入

 

 

感想(以下ネタバレ)

現役お笑い芸人だからこそ書けるような

お笑いの世界の裏側を見せて貰った気がします。

僕たちが普段、テレビで見ているお笑い芸人は

ほんの一部の売れっ子だけというのが現実。

テレビの裏でのまだ世間にあまり知られていない

芸人がたくさんいてその中で登り詰めたものだけが

テレビでよく見る芸人のようになれる。

そんな芸能界の厳しさを感じました。

その中でお笑い芸人をやっている理由というか

その人の想いがお笑い芸人の数だけあって

僕はこの小説に出てくるお笑い芸人の生き様が

すごくかっこいいなと思いました。

お笑いをひたすら追求して

ただ面白いってだけではなくて

お笑いとは何か?というような

本質的なことも考えるところで

飲み屋で議論してるシーンが好きでした。

実際のお笑い芸人が飲む時って

こんな感じなんですかね?

だったらおもしろいですね(笑) 

以下は小説の中で特に印象的だった所を紹介します。

 

❝ 一つだけの基準を持って何かを測ろうとすると

目が眩んでまうねん。❝p40抜粋

これは神谷さんが

なんでも過度がいいねん。大人に怒られなあかんねんと言うシーンで

その発想が月並みな不良という評価をした徳永に

神谷さんが語った言葉である。

月並みという平凡さを否定すると

非凡アピールに成り下がり

反対に、新しいものを端から否定すると

技術アピールに成り下がる

そして、両方をバランスよく取り入れたものだけを

良しとするとバランス大会に成り下がる。

一つだけの基準をもって何かを測ろうとすると

目が眩んでしまう。

 

僕は、この考え方がすごくその通りだなと思った。

こうあるべきとか、これはこうしなくてはならない、とか

そういう考えは狭い視野になってしまって物事の本質から

ずれてしまう恐れがあるんじゃないかと思う。

確かに、基準を作ることで分かりやすくなるし

基準をもとに明確な判断ができるかもしれないけど

ことお笑いに関しては正解のない分野だし

お笑いに関しての基準というのは

面白さの基準ではなくて

基準という名前のひとつのツールなのではないでしょうか。

例えば、笑いの要素として予想を裏切るとかあるけど

基準をあらかじめ作っておいてそれを

裏切ることによる笑いみたいな・・・

お笑いというものは

正解がない分、

無限の可能性があり

とても奥が深いなと思います。

 

”笑われたらあかん、笑わさなあかん”p58抜粋

よくお笑い芸人が言ってる言葉ですが

今まではお客さんがあの人阿保やなって何も考えずに見ていたのが

今だと阿保なふりしてると分かってて笑かされてるって

自分で気づいてしまってることで

笑われるふりができなくなってしまったということで

少しやりづらくなってしまったのかなと思います。

本書ではだからこそ新しい基準が生まれるかもしれないとありますが

お笑いの世界も常に変化し続けるんでしょう。

お笑いという分野が無くなることはないとは思いますが

一発ギャグとかリズムネタとか

その時代での流行り廃りは確実にあるでしょう。

 

”面白いかどうか以外の尺度に捉われるな”p76抜粋

これも神谷さんの言葉であるが

面白いことを言うためであれば

暴力的なことも性的な表現も辞さない覚悟をもっている

神谷さんに対して、

徳永は自身の発言によって

誰かが傷付くこと、誤解を生むことを恐れている。

それを神谷さんは不真面目、不良だと言う。

徳永は面白い下ネタを避ける時

面白い人間であるよりもせこくない人間で

ありたいという意識が勝ってしまうらしい。

面白さを追求した芸人ならではの言葉だとは思うが

世間の視点で見れば

下ネタも暴力的な発言もイメージが悪く

パッシングされることは目に見えてるし

ネタとしてそういった発言をしても

世間の人がネタとわからずに

本気に受け取ってしまう人もいるわけだし

大勢の人を相手にしてる職業ならば

モラルを持った行動は必要なのかなと思う。

ただ、面白さを追求するそのスタンスは

良いなと思った。

この辺も、一つだけの基準をもって

判断しては目が眩んでしまうんですかね。

ちなみに最後の方で神谷さんが

性的な体をはったギャグをして

世間を無視することはできないんですよって

徳永に怒られてます(笑)

 

 

他にも面白い言葉や深いことを言ってるなぁと思ったところを

一部、紹介します。

 ”気づいているか、いないかだけで、人間はみんな漫才師である”

人間はペルソナという仮面をつけて生きているという話がある。

どういうことかというと友達に見せる顔と上司や先生に見せる顔

親、恋人に見せる顔はそれぞれ違いそれを人は無意識あるいは

意識的に使い分けているということである。

つまり人はその状況に合わせて自分の役割を演じているわけです。

この話と何となく似ているなって思いました。

自分の役割を演じているのって言い換えれば

状況によってはみんな漫才師を演じてしまう瞬間があるのかもしれません。

 

 ”「大丈文庫」という謎の言葉は、相手に反論をしても無駄であるという

徒労感を与えるのにはうってつけの言葉だった。”

この意味不明だけども何故か語呂が良い感じに聞こえる言葉

文庫でう〇こを連想した僕は小学生並みの発想力なんでしょうか。

くだらない言葉遊びを物凄く冷静に分析している感じ好きです(笑)

 

”自分が考えたことで誰も笑わない恐怖を、

自分で考えたことで誰かが笑う喜びを経験してほしいのだ。”

お笑い芸人かムードメーカー的な存在ではない限り

人を笑わせようと意識しながらしゃべることなんて

なかなかないと思いますが・・・。

でも笑わせようと意識して言ったことが滑る時の

恥ずかしさは半端ないと思います。

その場の空気感とかも大事だとは思いますが

アウェーの中から空気感を変えれる人はすごいですよね。

 

”一度しかない人生において、結果が全く出ないかもしれないことに挑戦するのは

怖いだろう。無駄なことを排除するということは、危険を回避するということだ。

臆病でも、勘違いでも、救いようのない馬鹿でもいい、リスクだらけの舞台に立ち、

常識を覆すことに全力で挑める者だけが漫才師になれるのだ。”

僕はこの言葉とても好きです。

何かを得ようとしたらそれなりのリスクはついて回ることを

覚悟しなくてはならないっていうのは分かるんですが

人はリスクを避けがちです。

見えないもの、経験のないものには、不安がつきまとうからです。

ではどうすれば不安を無くすことができるのか

それは経験していく中で徐々に無くなっていくんだと思います。

人生に必要なものは勇気と想像力とほんの少しのお金と

かのチャップリンも言っています笑

リスクの先にある希望を想像して勇気をだせば

挑戦していけるのではないでしょうか。

これは漫才師に限らないと僕は思います。

又吉先生はお笑い芸人だけど深いことをおっしゃいます。

むしろお笑い芸人だからこその生きた言葉なのかもしれないですね。

 

”僕たちは世間を完全に無視することはできないんです。

世間を無視することは、人に優しくないことなんです。

それはほとんど面白くないことと同義なんです”

これは先ほども言いましたが神谷さんが

デリケートなテーマを悪ふざけでお笑いにしようとして

まじで怒られるところです。

テレビで仕事をする有名人?は特に気を付けなくては

ならないでしょう。

ただこれはデリケートな問題だけではなく、

人の商売は人を相手にしていることがほとんどなので

相手の事をいかに考えられるかが

重要だと言うことが分かりますね。

 

 

 

最後に・・・

 お笑い芸人の書いた小説とは思えないくらい

表現が豊かな小説だなと思います。

もちろん、お笑い芸人さんは僕なんかより

語彙力豊富だろうし、表現力豊かだとは思うんですが、

表現の仕方が純文学っぽいなと感じました。

冒頭からして表現力がすごくて

情景が目に浮かぶようでした。

ただ表現力が豊かすぎて難しい言葉も多かったです(笑)

でもページ数も少ないのでサクッと読めるかなと思います。

 

個人的には、映画もおすすめですね!

スパークスの解散ライブは良かったです。

菅田将暉の演技がすごい(笑)

 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村