気ままに読書

読みたい本を気ままに読んでいくスタイル

天使の囀り/貴志祐介 とにかくえぐい小説

 読後感は最悪だけど衝撃的で面白いとされているので

いつか読みたいと思っていた小説ですが・・・

悪影響受けそうで敬遠してました汗

ですが新世界よりを読んでからは

貴志祐介の作品なら絶対面白いに違いないと思い

読後感とか気にせずに読んでみました。

 

 

あらすじ

主人公はホスピスで終末期医療に携わる精神科医の女性。

作家の恋人がいたが病的な死恐怖症。

しかし、アマゾン調査隊に参加してからは人格が異様な変容を見せる。

元々内向的なタイプだったが性格ががらりと変わって明るくなり

食欲と性欲が旺盛になりあまりの変容に主人公も心配する。

さらにあれほど怖れていた「死」に魅せられたようになり

天使の囀りが聴こえると言い残し自殺してしまう。

さらに他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を

遂げていることがわかる。

一人は病的なまでに猫科の動物を恐れていたが

サファリパークで虎に身を捧げて自殺。

もう一人は乳幼児突然死症候群(SIDS)で長男を亡くし

鬱にまでなったが何とか立ち直り長女を授かったが、

何よりも失うのを恐れるはずの

娘と無理心中してしまう。

アマゾンでいったい何があったのか

主人公が調査していく・・・

 

f:id:saka007:20180909172119j:plain

 

 

感想。以下ネタバレ。

読み終わった感想はとにかく えぐかったです・・・

この小説はホラーに分類されてるようですが

ジャンルが分かりにくいですね。

初めは超自然的なホラーにも見えますが

読み進めていくとウイルスによるバイオホラーか

幻覚物資によるものかあるいは単なるサスペンスなのか・・・

その辺を推理しながら読むのも面白いかもしれません。

結局、寄生虫が人間の脳を乗っ取るという

一番、気味が悪いものでしたが。

しかし、ありそうで無い、リアリティーのある話を作るのが

うまいなぁと感心しました。

現実にも寄生虫が宿主の行動をコントロールする現象は

あるみたいです。

この寄生虫は恐怖を快感へ変えるという一見

役に立ちそうな感じですが、

恐怖心が強い人間ほど快感も強くなり

やがて行き過ぎた行動により自殺してしまうようです。

これだけ聞くと、じゃあ恐怖心を普段あまり感じない人とか

恐怖を向精神薬とかでコントロールできれば

恐れるものがなく最強じゃん!となりそうですが

寄生虫に寄生された生物の末路はおぞましいです。

どうやら寄生虫に寄生された生物は

第四段階の変容を見せるようです。

第一段階は気分爽快になり食欲と性欲が旺盛に

第二段階では爽快感は病的なまでに亢進する。

第三フェイズでは多幸症を越して一種の無感動状態となる。

第四フェイズでは体内で無造作に増え続けた寄生虫により

宿主の遺伝子を操作されてしまう。

(手足を衰退させ、胴体を袋状にした

寄生虫の食料兼住宅の為だけの存在になる)

物語では恐怖心(快感?)をコントロールできた蜷川教授という人物が

セミナーを開き人類の選別という名目で

無作為に寄生虫に感染させていく。

本人自ら救世主コンプレックスと公言する人物なので

何だかたちが悪いです。

元々、ネットのチャットオフ会から始まるセミナーで

何らかの辛い過去を持った精神的に疲れている人が多く集まるので

感染した多くの人はおそらく自殺したと思います。

ですが、運良く?生き残れた人達も

第四段階に突入して見るも無惨な状態になってしまいます。

蜷川教授も第四段階まであることを知らなかったようですね。

 

ちなみに天使の囀りは何故起こるのか?

この寄生虫はブラジル脳線虫と名付けられますが

アマゾンに分布する個体です。

普通は猿に寄生して猛獣や猛禽類に捕食されるように

操作されるのですが恐らく猛禽類の羽ばたく音に似せています。

猿にとっては猛禽類が羽ばたく音が聞こえたら

反射的に逃げだすくらいに恐怖を感じるはずです。

なので、初めは羽音がする程度で徐々に慣らしていくようですね。

人間は猛禽類の羽ばたきをそもそもそんなに聞かないので

天使の羽ばたく音(囀り)に聞こえるんですかね。

本書でもでてきますが天使の羽根って鷲の翼をモチーフにしてるようです。

もっと可愛らしいものかと思ってましたが

なかなか、いかつい翼をお持ちのようですね(笑)

ちょこちょこ神話の話がでてきたんですが

神話とか読んでみるのも面白いかもしれないです。

 

最後に

 読後感が最悪とありましたが僕は割とすんなり読めました。

グロ系は比較的大丈夫だからでしょうか。

確かに群を抜いて気持ち悪さを感じれる小説でしたが

それを上回る面白さがあったのでとても読みやすかったです。

でも主人公の早苗は報われないですね。

最愛の人を無くし、独自に調査を進めていく中で

新しい人といい感じなっていくが

同じ寄生虫によって亡くなってしまう。

最後に寄生虫を終末期患者に使用してましたが

警察へ出頭するためなのか優しさからか

あるいはどっちもかもしれないですが

早苗の優しさを感じました。

登場人物はほとんど寄生虫によって死んでしまうので

後味は悪いかもしれないですね。

最後に一人残った早苗も大変そうです。

こんな体験をしたらトラウマもの・・・

この小説を読んだらしばらくは麺とかなま物は

遠慮したいですね(笑)

ですが面白さは間違いないのでおすすめです!